忍者ブログ

ダメ日記

声の仕事をしています。 その日に起きた事や感じた事、愚痴などなどをダラダラと書いています。

これは紛れもなく実話である…

これはちょっと前に起きた話…

ある日、事務所に用があって出かけた帰りに代々木上原駅で、階段を上がって新宿行き方面のホーム出たら…

女性が倒れていた…!

千代田線側のホームの方に頭を向けて、60代前半くらいの女性がうつ伏せで倒れていた!
…しかも、ちょうど電車が出てしまったばかりなのか、周りに人は誰もいなかった…

そこで僕が急いで近寄り、「大丈夫ですか!!!!?」と声をかけたら…「うぅ~…うぅ~~…」と呻くばかり…
「起き上がれます?」と聞いたら「うぅ~~…痛い…痛い…」と言ったので「え!? 痛い!!? ケガでもしたのか?」と思った僕は、「すぐに駅員さんを呼んで来ますから、待っていて下さい!」と言って駅の事務所へ行こうとしたら…

「呼ばなくていい!」

と、コッチがビックリするくらいの大声で制止して来た女性…
「…そんな大きな声が出せるって事は…大した事ないのか?」と思い、再び近寄って「何があったんですか?とりあえず起き上がれます?」と聞いてみたら…「ちょっと待って…」と繰り返すものの起きようとする気配が見られない…

そうこうしている内に周りに人が集まって来て、その人たちも口々に「大丈夫ですか?」、「駅員さん呼びましょうか?」と言って来たんだけど…「駅員さんは呼ばなくていい!」と頑なに断わる女性…
「何か病気の発作だったりしたら…下手に動かさない方が良いのかな?」と思っていたら、女性が起き上がろうとし始めたので、そこに居合わせた男性と僕とで肩を貸して何とか起き上がらせる事が出来た。

この間、新宿行きの電車が何本か出ちゃったんだけど、苦しそうにしている女性を放って置くわけにも行かないので、もうしばらく付き添う事にした。

一緒に起き上がらせた男性と力を合わせて、女性をベンチに座らせた後、「…あのぉ、大丈夫ですか?…何で倒れていたんですか?」と改めて聞いてみたら…女性が倒れていた原因をポツリポツリと言い始めた…

「…千代田線に駆け込み乗車しようとしたら、ホームに上がる階段の最後の段でつまづいた」

…それで、「何だかきまりが悪いから、しばらく倒れていた」んだそうで…
それだけ告げると女性は、次に来た千代田線へそそくさと乗って行った…

うーん…
病気の発作などではなく、そして大きな怪我をしたわけでもないので、大事無くて良かった事は良かったんだけど…

人騒がせ!!!!!!!

新宿行きの電車に乗って「駅員さんを呼ぶのを嫌がったのは、”怒られるかも”って思ったのかな?」と思って、心の中でガッテンボタンを押しました。

…しかし、なぜ僕はこうも珍事を呼び込むんだろうか?

拍手[4回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
猫・ラジオ・酒・散歩・似顔絵・ゲーム・美味い物を食べる
自己紹介:
声の仕事をしています。
よく街をぶらぶらしては、猫を見てニヤニヤしています。

カテゴリー

P R