忍者ブログ

ダメ日記

声の仕事をしています。 その日に起きた事や感じた事、愚痴などなどをダラダラと書いています。

セルフの話

昨日の水曜日。
「秩父へそばを食べに行こうかな?」と思って車に乗ったら…あ!

ガソリンが無い!

あと1目盛り分しかないや…
う~ん…1目盛りでも行って帰れない事はないと思うけれど…急カーブやきつい上り下りの連続する山道だからちょっと心配だなぁ…
…はい。「さっさと給油に行けばいいだろ!」とお思いなのは重々承知なんですが…

これまで、うちは店員さんが給油してくれるお店でガソリンを入れていたんですが…

先日、そこが閉店しまして…!

しかも、残った地元のガソリンスタンドは… 全てセルフで!
僕、免許を取って間もない頃に1~2回だけセルフで入れた事があったんだけど…「ガソリンってとんでもない爆発物なんだよな…」と思って以降…何だか怖くなっちゃって(…それは他界した父も同じだったようで、生前、頑なにセルフスタンドには行かなかった…父譲りのチキンですみません
)!
…しかし、車体を後ろに引っ張れば走り出すチョロQじゃないから、ガソリンがなくちゃ車は走らない…いつまでもセルフ給油を恐れていては生活できないと思い立ち、秩父に向かう前に勇気を出して給油していく事にした!

何事も「コイツ、初めてだな?」と思われるほど恥ずかしい事はないので、出かける前にネットで「セルフ給油の仕方」を調べ、13時半頃に家を出る。

車で5分ほどのガソリンスタンドに入り、「ハイハイ!大丈夫!僕はセルフに慣れてますよ~」という体を装って車を降り、真っ直ぐ給油ノズルの方へ行こうとしたら…何やらノズルの隣の機械が女性の声で何やら喋っている…「何だ?」と思ったら…

「油種と給油量を設定した後、お金を投入して下さい」との事…

そりゃそうか!

油種を選ぶのはもちろん、まずお金を入れなきゃ、給油だけして「さようなら」される危険もあるもんな!
モニター内の「レギュラー・満タン」を選び、お金は…10ℓで約1200円か…2千円じゃ足りないかも…えぇい!5千円入れちゃえ!と、樋口一葉を1人投入。

静電気除去シートに、念には念を入れて10秒ちょっと触れてから…いよいよ給油ノズルを手にする!
給油口のキャップを開け…「うわ!今この穴から揮発したガソリンが出てるんだよな…!」と思いながらノズルを挿入し…映画「ジョーズ」のラストシーンのロイ・シャイダーばりの覚悟でもって、ノズルの引き金を引いたら…!
「ガゴン!」という感覚と同時に給油がスタート!

おほほ~!怖え~~~!

「冬場だったらこの震えで静電気が発生して爆発しちゃうんじゃないか!?」というほど、腕をブルブルさせる僕。
「そうだ、確か満タンになると自動的に給油が止まるんだっけ」と、かつての記憶を思い出す…

そして数分後…給油終了~~~!

何だ!簡単じゃないか!!!!!!

「案ずるより生むが易し」とはこの事か!一連の流れも覚えたし、次からはもう臆する事無く給油が出来るぞ!と思いながらノズルを戻し、お釣りの方へ行こうとしたら…

「お客様!キャップがまだ締まっていませんよ!」

と、店員さんに注意された…
そしてキャップから「カチカチ!」と音がすればしっかり締まった合図なところを…「カチカチカチカチカチカチ!」と6回鳴らしてから給油口のフタを締める。
その後、出て来たお釣りを見たら…2千円以上返って来てた…僕の「足りないと嫌だな~」と思って入金しすぎた気の小ささよ…

運転席に戻ろうとした時ふと、「そうか、今後この店を利用するなら、引き落とし型の会員カードを作った方がいいな」と思い、申込書をもらって家で記入し、明日にでも申し込むかなと店員さんに話しかけたら…

「今ご入会いただければ、先ほどの給油分も会員割引に出来ますが?」

と言われて即入会する事にしたんだけど…まさかこの説明に20分近くかかるとは思わなかった…!

ガソリンスタンドを出て秩父に向かって走り出したのが14時ちょうど。この続きは…

次回につづく!

拍手[6回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
猫・ラジオ・酒・散歩・似顔絵・ゲーム・美味い物を食べる
自己紹介:
声の仕事をしています。
よく街をぶらぶらしては、猫を見てニヤニヤしています。

カテゴリー

P R