忍者ブログ

ダメ日記

声の仕事をしています。 その日に起きた事や感じた事、愚痴などなどをダラダラと書いています。

田舎道で

月曜日。
車の慣らし運転で名栗方面へ出かけた。

この名栗は、10年くらい前にうちの市に編入した地域で、面積のほとんどが山という、うちから車で30分くらいの場所。
ダムと温泉とカートレース場と、明治の文豪が宿泊した大松閣という旅館があるくらいの集落で、山と川に沿って道がくねくねと走っているので、慣らし運転には最適。

最近、温泉とカートレース場へ行く人たちが増えたので、昔より交通量は多くなったんだけど…まぁ~!集落内にはまだ、車2台がやっとすれ違えるくらいの狭い道が残っている!

この地域を走る時は、とにかく事故を起こさないように市街地を走る時よりもより慎重になる僕。
原市場という地区にある中学校前を通り過ぎる時「…あ~、中1~中2の夏まで卓球部だった頃…ここの中学の体育館に練習試合に来たな~…応援要員で…」という事を…点を取る度に体育館中に響いた「ラッキーでーーーす!」という、原市場中卓球部独特な応援の掛け声と一緒に思い出した…

原市場中学校を過ぎてしばらく行った辺りが…温泉やダムに向かうルートの中で、一番道幅の狭い場所!
先ほども書いたように、車2台がやっとすれ違える狭さな上に、ダンプカーやバスもやって来るという怖ろしい場所!
大型車が来るとやり過ごすのが面倒なので、「来るなよ~!来るなよ~!」と念じていたら…その思いが通じたのかダンプもバスも来なかったんだけれど…左前方50m~60mくらいの所から…

猫の気配が…!

…その猫は全体的に黒の面積が広いハチワレだったんだけど、お店(?)の駐車場を「のっしのっし」と、脇目も振らず道路に向かって歩いて来るのに気付いた。

…猫、僕の車が近づいて来る(対向車はなかった)にも関わらず、全く止まる様子がない!
そこで、猫の手前で車を停めて横断するのを待つ事にしたんだけど…この子ったら!

物凄~くゆっくり横断し始めましてッ!!!!!!

これまでに何回も、そうやって道路を横断したけれど、その度に車が停まってくれたのかな!? 

「俺は、この人間の乗り物を停める能力を持っている」

と言わんばかりの得意気な表情で、相変わらず「のっしのっし」とゆっくり横断する猫!
…狭い道路を数分かけて、猫がようやく渡り切ったのを確認してから発車したけど…

もう!ニヤニヤが止まらない!!!!!!!!

「ぐへへ!可愛いじゃねぇかぁぁぁ!」と、ニヤニヤしていたら、対向車の女性にその顔を見られちゃったわ!

…しかしハチワレ!
もうちょっと横断には気をつけた方がいいぞ!!!!!
何と言っても背中から手足にかけて黒いんだし…ただでさえ街灯の少ない場所なんだから…夜中だったら気付いてもらえないぞ!!!!!!!!!
何しろ、昔うちで飼っていた黒猫は、夕方暗くなった時に交通事故で死んじゃったので…
あのハチワレが事故に遭わない事を祈るわ~!

そう考えると、やっぱりうちの周りを治めている茶トラのボス猫は凄いな!
道を横断する時はちゃんと立ち止まって、車が来ないのを確認した後に小走りで渡るもんな!
強さだけじゃなくて、そういう用心深さも持っているから、ボスの座に就けたんだろうな!


…ちなみに、前回の最後にあげた写真は、尾道をウロウロしていた時に「にゃー!」と、廃墟の門柱から僕を呼んだ猫。

…何だかそのコメントを打っていたら…「尾道」と変換した直後に、画面が変になっちゃったので…詳細を表示出来ませんでした!

拍手[3回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
猫・ラジオ・酒・散歩・似顔絵・ゲーム・美味い物を食べる
自己紹介:
声の仕事をしています。
よく街をぶらぶらしては、猫を見てニヤニヤしています。

カテゴリー

P R