忍者ブログ

ダメ日記

声の仕事をしています。 その日に起きた事や感じた事、愚痴などなどをダラダラと書いています。

聴いていて「うわ~~~!」と思った話

今週の伊集院さんのラジオを聴いていたら、「えぇぇぇ!!!!?何ソレ~~~!!!!!?」と思うエピソードトークが披露された…

伊集院さん、「この話、ちっとも面白くないよ?」と前置きした上で話し始めたんだけど…

先日、後輩の芸人さんを連れて神宮球場へ野球を観に行った伊集院さん。
席はバックネット裏10列目という凄く良い場所だったんだけれど…前方の席にいた親子連れの子供(小学校1年生くらい)が立ち上がって、バックネットにベッタリくっついて観戦し始めた為に、完全にバッターボックスが子供の体で塞がれてしまって、他の観客達が試合を観る事が出来なくなってしまったそうで…

そこで伊集院さんが一言「それだと試合が見えませんよ~」と、その子供に言った所…父親が慌てて子供を席に座らせて、またバッターボックスが見えるようになったんだけど…
次の瞬間、その父親がクルッと振り向いて…

「おい、今言ったの誰だ?」

と発言…!

「…えぇぇぇぇ!!!!?」でしょう!!!!!?

もし、自分がこの父親の立場だった場合、「自分の子供が周りに迷惑をかけたかな?」と思ったら、席に座らせて「他のお客さんの迷惑になるから、座って観なさい!」と注意した後、後ろを向いて言う言葉は「すみませんでした!」の一択でしょう!!!!!!!!?

その父親は更に…「お前か?お前か?」と、周りにいたお客さん一人一人に訊き始めたそうで…!
伊集院さんが「うわ~!面倒臭ぇぇぇ!」と思っていたら、前に座っていた観客が伊集院さんを指差したそうなんだけど、それを受けて件の父親が…「お前か?あ?おいコラ、テメェやんのか?」と因縁をつけて来たそうで…!
何でも父親が言うには…「言い方ってもんがあんだろ?”座らせろ”って何だ?」と、伊集院さんが一言も言っていないにもかかわらず「座らせろ」と言った事が気に入らなかったらしいんだけど…

伊集院さん、「殴られるかも」と思いながらやんわりと説得を続けたものの…相手は相変わらず「あ?やんのか?あ?」って状態のまま…だったのが急に!

「よし、握手だ!」

と言って、席に戻って行ったそうで…

うわぁぁぁ!苦手なタイプ~!

「ここで握手して許してやる俺様!カッコいい!」感が、僕は凄く苦手ぇぇぇぇ!!!!!!

…その後、試合を観ていてもちっとも面白くなくなった伊集院さん。
そっと帰ろうとしたらその父親が気配を察したのか…伊集院さんの方を見て…

「おい、帰るなよ!」

と言ったそうなんだけど…

怖いわぁぁぁ!!!!!

何だろう!!!?この、名作映画「激突!」を髣髴とさせる嫌な感じは!!!!!!!!?
…伊集院さん達が帰るに帰れないで困っていたら…件の父親が子供と何やら話をした後に、急に席を立って帰って行ったそうで…

何だかなぁ…
前に書いた、「グラップラー刃牙」の収録に行く為に乗った電車で僕が出くわした、遠足帰りの小学校高学年の団体が、大声で騒ぐわ…車内を走り回るわ…つり革で遊び始めるわとやりたい放題なのに、一向に注意しないどころか一緒になって遊んでいた教師もいたのを見て…堪らず責任者らしい年配の女性教師に「何で注意しないんですか?」って言った僕を、物凄い形相で睨んで来た若い男性教師が、あの時僕に抱いた感情に似たものを、伊集院さんに注意された瞬間に持ったんだろうなぁぁぁ…
「守るものを履き違えている」感じというか…周りに迷惑をかけているシチュエーションの時は「その場の楽しさ」よりは「ダメ!」って事を教えるのが大事だと思うんだけど…
…まあ、伊集院さんに因縁を吹っ掛けて来た父親の場合は、ただ単に「俺様と俺様の子供に恥をかかせたな!俺様の凄い所を子供に見せ付けなきゃ!」って事なんだろうと思うけど。

TBSラジオが聴ける地域の方は、ラジコのタイムフリー機能で聴けるので、是非「伊集院光・深夜の馬鹿力」で検索してみて下さい!

拍手[6回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
かわむら拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
猫・ラジオ・酒・散歩・似顔絵・ゲーム・美味い物を食べる
自己紹介:
声の仕事をしています。
よく街をぶらぶらしては、猫を見てニヤニヤしています。

カテゴリー

P R