忍者ブログ

ダメ日記

声の仕事をしています。 その日に起きた事や感じた事、愚痴などなどをダラダラと書いています。

ウルフ金串のアゴと同じレベルの脆さ

昼過ぎ、いつものように徘徊に出かける。

愛用のポケットラジオにイヤホンを繋げ、家から30分くらい歩いたら…あれれ!!?

ラジオの音量が段々さがっていくぞ!?

未だにアナログ式のラジオを使っているので「あれ!? ダイヤルがズレたかな?」と思って、つまみをいじってみたら…あれれれ!!!!?

全く受信できなくなったぞ!!!!?

なぜかAM局の電波が全く受信できなくなった!
…そこで、AM波をFM波で聞くことができるワイドFMに切り替えてみたら…う~ん、何とか聴こえるけど物凄く音が小さい…
そんな状態になってから10分くらい歩いたら…

完全に音が消えた…

…ひょっとして電池がなくなったのか!!!?
このポケットラジオには充電式の乾電池を使っていて、1回のフル充電で80時間聴けるんだけど…そういえばこの前充電したのは福岡に行く前だったなぁ…毎日5時間半くらい使っているから…あ~、やっぱり電池切れだわ…

さて困った。
何しろ西埼玉の田舎道…周りは民家と茶畑だらけで…

お店が無い!

そこから5分ちょっと歩いた所にあるコンビニに立ち寄り、単3電池を買って行く事にした。
「最近は100円ショップでも4本108円で電池を売ってるから」と、軽い気持ちで単3電池4本セットを1つ手に取ってレジに行ったら…え!?

…300円もするのか…

予想していた値段の倍だわ…でもここで買わないと、この先20分近く歩かないとお店が無いし…仕方が無いのでそれを買い、お店を出てすぐに電池を交換したら…ウソのようにクリアに聴こえるようになった。
…自分の不注意さにガッカリしながら、再び歩き出した。

2時間くらい歩いき、家に向かっていたら…ある路地に入った所で左後ろから小学3~4年生くらいの女の子が1人、タタタと走って来て僕を追い抜いて行った。
「あ~、もう下校時刻か~」と思いながら、しばらくその女の子と同じ方向へ歩いていたら…その子がチラチラ振り返っては…僕の様子を伺っている事に気付きまして…えぇ~?ひょっとして…

怪しまれてるぅ…?

そう思っていたら案の定…女の子は路地がちょっと広くなった所で急に立ち止まると、「サササッ!」と道の端っこに寄って行き…思いっきり警戒した目でこっちを見ながら、僕が通り過ぎるのをやり過ごしていた…

…いや、身を守るという事では正しいんですよ…正しいんだけど…

いたずらにオッサンのハートを傷つけないで!

おいおい勘弁してくれよぉぉぉ…
狭い路地をオッサンが1人で歩いている所を、わざわざ追い抜いて行ったのは自分だろぉぉぉ!!!?
「怪しい」と思うなら追い抜いたりしないでくれよぉぉぉ!オッサンのハートはすぐ粉々になっちゃうんだよぉぉぉぉ!

そんな事を思いながら歩いていたら…前方からやって来たお散歩中の柴犬が…「お?こいつ不審者じゃねーか?不審者だろ?不審者だよな?」って顔をしながらすれ違って行った…
…自分の不審者オーラにうんざりして帰宅した。

…何だかこれまでに何度か書いた事があるようなデジャヴな1日だった…

拍手[4回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
川村拓央
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
猫・ラジオ・酒・散歩・似顔絵・ゲーム・美味い物を食べる
自己紹介:
声の仕事をしています。
よく街をぶらぶらしては、猫を見てニヤニヤしています。

カテゴリー

P R