忍者ブログ

ダメ日記

声の仕事をしています。 その日に起きた事や感じた事、愚痴などなどをダラダラと書いています。

オチも何もないボンヤリした話

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

オチも何もないボンヤリした話

先日。
久しぶりに練馬区・中野区の境目にあるスタジオで仕事だった。

一人暮らしをしていた頃、練馬区・豊島区・新宿区・中野区・板橋区周辺を毎日2時間ぷらぷら歩き回っていた僕。
「仕事の前に6年ぶりに、あの辺を散歩してみるかな?」と思って、スタジオ入り時間の1時間半前に練馬駅に着いた。

まず、練馬駅から徒歩3分の所にある、部屋を借りていたマンションの前へ行ってみた。
僕が借りていた4階の角部屋に目をやったら…え!? アレって…!

女性物の服じゃないか!!?

「…自分の後に女性が入ったのか?」という事に、変にドキドキする自分に…

ド変態かよ!捕まるぞ!

と、心の中で突っ込みを入れたところで、そそくさとその場を去った…

石神井川沿いの道を氷川台方向へ向かって歩いてみた。
この道は震災の時、部屋に一人でいると息苦しさを感じるようになってしまった僕が、毎日のように夕方までぶらぶらしていた道。
「そういえば、この川沿いの道の途中に建つ家の中に、いつも玄関先に靴を干しているお宅があったな~」という事を思い出しながら歩いていたら、その家の前に到着したんだけど…

変わってなかった!

6年前と変わらず、この日も玄関先にスニーカーと学校の上履きみたいな靴が干してあった!
何だか懐かしい気分になって更に歩き続けた。

氷川台から坂道を上って環七方面へ出て、江古田の商店街へ。
買い物客で混雑する商店街を歩いていたら、前方から1mちょっとくらいの間隔を開けて男女二人が歩いてくるのが見えたんだけど…その二人の間を…

おばちゃんが乗ったママチャリが通り抜けるという…

これだ!この感じだ!
この「狭い所をわざわざ通り抜けようとする」感じこそ、都内ならではのヤツだ(偏見)!!!!!!
田舎だと5~6人で並走したり滅茶苦茶なスピードで走る若い衆の自転車や、道路の真ん中寄りをゆっくり走るお年寄りの自転車をよく見るけど、わざわざ狭い所を通ろうとする人は見かけないんだよな~!
そんな事を思っていたら、僕のすぐ真横スレスレを、おばちゃんの運転する自転車がかなりのスピードを出して走り去って行って凄くビックリした。「おばちゃんの自転車が速い」ってのも、都会ならではなんだよなぁ。

その後、江古田の商店街を歩いたら…しょっちゅう買い物に利用していたスーパーが駐車場になっていたり…仕事帰りや週末にお昼を食べに寄ったラーメン店やモスバーガーが無くなっていたりと…時間の流れだけでなく、江古田周辺の商売の流れの変化を感じずにいられなかったわ~…

腹が減ったので駅前のラーメン店に入る(江古田はかなりのラーメン激戦区)。
店内に入ると…店の奥の方に「圧」を放つ男子高校生のグループ7~8人がいるのが見えた…
そのグループ、この後の予定を大きめな声で話しながらスマホをいじっていた…
僕は食券を出してカウンター席でラーメンを待ちながら…「う~ん、怖いな~…」と思っていたんだけど…そのグループのリーダーらしきお兄ちゃんが「よし、行くか」と言った後、全員が自分の使った丼やコップをカウンターの上まで運んで行って、「ごちそうさまでした~!」と大きな声で店長さんに言って店を出て行った!

何て爽やかな連中なんだ!

…また僕は、見た感じや雰囲気で判断して…実際は爽やかな青年達じゃないか!
そんな自分を猛省しながらラーメンを平らげましたよ…このお店で以前食べた時よりちょっと塩気が強い気がしたのは…僕の反省の涙のせいですよ…

仕事が終わり、もう少し江古田周辺をぷらぷらしていたら…色んなものがとっても安く売られている新しいスーパーを見つけたんだけど…

ここか!!!?

僕が以前通っていた近隣のスーパーが、軒並み無くなった理由の店は!!!! 今も一人暮らししていたら、僕だって毎日ここに通うもの!
…「商売って大変だな」と思うと同時に、「商売って非情だな~!」と感じずにいられなかった…!

拍手[5回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
川村拓央
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
猫・ラジオ・酒・散歩・似顔絵・ゲーム・美味い物を食べる
自己紹介:
声の仕事をしています。
よく街をぶらぶらしては、猫を見てニヤニヤしています。

カテゴリー

P R