忍者ブログ

ダメ日記

声の仕事をしています。 その日に起きた事や感じた事、愚痴などなどをダラダラと書いています。

ジャミラと悟飯

日曜日の夜に酒を飲みながら、その週に録画した番組を観ているんだけど…昨日は「ウルトラマン」と「ドラゴンボール超」に泣いちゃったわ~!

まずウルトラマン。
今回は伝説の「ジャミラ回」こと「故郷は地球」!
子供の頃、水木しげる先生の「妖怪大図鑑」と同じくらい、兄が持っていた「ウルトラ怪獣大図鑑」も毎日穴が開くほど熟読していたので、ジャミラが生まれた経緯は知っていたけど、きちんと話を観たのは今回が初めて。
ストーリーは…

ジャミラは、宇宙開発競争時代に某国が打ち上げた有人衛星に乗っていた宇宙飛行士だったんだけど…事故に遭って地球に帰る事が出来なくなり、その後、水の無い星へ不時着するも…人間の姿のままでは生きて行く事が出来ず、怪獣のような姿に変わり果ててしまった正真正銘の地球人。
某国は国際的な批判を避けるためにジャミラの事故を隠蔽したんだけれど…
そんな、自分を裏切った祖国や地球に復讐するために、ジャミラが宇宙船に乗って帰って来る。

ってもの。

これが… 深かったわ~!
ジャミラの「見えない宇宙船」の原理やデザイン、ジャミラのフォルム、そしてストーリーと、全てが素晴らしかったわ~!

ラスト近く、国際会議場(代々木体育館!)の前に現れたジャミラは、そこに並び立つ世界各国の国旗を片っ端からへし折って行くんだけど…そんなジャミラに対して科学特捜隊やウルトラマンが、ジャミラの弱点である水を浴びせて応戦。
ジャミラが苦しみ悶える度に、へし折られた国旗たちに泥が被るんだけど…このシーンだけで見事に「ジャミラの怒り・無念」が表現されていた!

最期は水を浴びて悶絶しながら絶命するジャミラ…そんなジャミラに対して国際会議場に墓碑が建てられるんだけど…そこに書かれた文章は・・・

「人類の夢と科学の発展の為に死んだ戦士の魂、ここに眠る」

というもの…
その文を目にしたイデ隊員が…

「犠牲者はいつもこうだ…文句だけは美しいけれど…!」

と心の中で叫ぶ…

深い!深いわ~!!!!!!

ラストのイデ隊員の「犠牲者」の部分が、「偽善者」にも「為政者」にも聞こえるんだけど…どの言葉が入っても深いよな~!!!!!! いつもおどけているイデ隊員が言うから、余計に良いんだよな~!

ジャミラの「鳴き声」が「泣き声」に聞こえるのも…上手いよな~!
さすがに半世紀経った未だに「名作」と言われる回だったわ~!


そして「ドラゴンボール超」!
今は「全部で12ある宇宙がそれぞれ10名の代表を選出し、存亡をかけたバトルロワイヤル」をしているんだけど…ピッコロと悟飯の師弟タッグにグッと来たわ~!

敵からエネルギー波の攻撃を受けて絶体絶命のピンチに陥ったピッコロを、悟飯が身を挺して盾になって守るという…!

昔からのファンには堪らんシーンでしょう!!?

…サイヤ人編の時。
ナッパのエネルギー波で殺されそうになった子供の頃の悟飯を、ピッコロが盾になって守ったシーンの、立場を変えての再現ですよ!
しかも、ナッパから悟飯を守った時、ピッコロは両腕両脚を開いた捨て身の姿だったのに対し、今回の悟飯は両腕をしっかり締めて顔の前でクロスさせた防御の姿勢でピッコロを守ってたんですよ!これは「こんな事でやられるもんか!」って意思表示でしょう!!!!!?
戦闘力ではとっくにピッコロを上回っていたけど、今回の事でようやく精神的にも悟飯が師匠を超えたんだな~!と思うと…

泣いちゃうわ~!

酒の勢いも手伝って、涙腺のパッキンが完全にバカになってたもんだから、泣いちゃうわ~!
何だろう、42歳児のおっさんが、ウルトラマンとドラゴンボールを観て泣いてる日曜日の夜…平和だな~!

拍手[5回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
川村拓央
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
猫・ラジオ・酒・散歩・似顔絵・ゲーム・美味い物を食べる
自己紹介:
声の仕事をしています。
よく街をぶらぶらしては、猫を見てニヤニヤしています。

カテゴリー

P R