忍者ブログ

ダメ日記

声の仕事をしています。 その日に起きた事や感じた事、愚痴などなどをダラダラと書いています。

もし良かったらしばしお付き合い下さい…

しょっちゅうブラブラしている散歩コースに、車が通れないくらいに狭い路地がある。
そこにはモッフモフな毛並みをした薄い色合いの三毛がいて、「この人、猫好きね!」と感じると「にゃ~!」と、ちょっと酒焼けしたような声で鳴きながら近寄って来て、足に体を擦り付けて来るのが何とも可愛くて、僕はその優雅な姿と立ち居振る舞いから「マダム」と呼んでいたんだけど…

ここ2年ほど全く姿を見なくなって…

…う~ん、ひょっとして寿命だったりするのかな~?
しかし…他所の家の猫でも、人懐っこい猫の姿を急に見なくなると…何だか物凄く寂しい気分になるなぁ~…この寂しさに耐えられないだろうから、僕はもう猫を飼わないと誓ったんだけど…
そんな事を思いながら今日、抜けるような青空の下ブラブラと散歩して、その路地へ行ってみたら…

マダムがいた!

以前と全く変わらない姿で路地の真ん中に座り、そこを通る人間が猫好きかどうかを物色していた!

「うわ!元気だったの!!!!?」と驚きながら僕が見ているのに気付いたマダムは、「あら坊や、久しぶりね」と言った感じで「にゃ~!」と、相変わらずの酒焼け声で鳴きながら近寄って来た!

「ぼ、僕なんかと遊んで下さるんですか!!!!?」と、その場にしゃがんだ僕の右足にグリッグリッと顔を擦り付けて来るマダム!
そのマダムの顔に僕が正面から左手を当て、中指と薬指で喉の辺りをいじって差し上げたら「う~~~ん!」という表情をして…

ゴロゴロ言い出したマダム!

「うほ!堪らねぇぇぇぜぇぇぇぇ!!!!!!!!」と、いつものように僕が強酸性のヨダレを垂らし始めた次の瞬間…

喉を撫でている左手の平に違和感が…!

「む?何だこのザラっとした感触は…?」と思ってそこへ目をやると…

…ペ、ペロペロと舐められているぅぅぅ!!!!!!!!

「うふふ、坊やったら猫の扱いがなかなか上手ね。気に入ったわ」って感じで、僕の掌をペロペロして下さるマダム!
あまりの嬉しさで僕が「ビクンビクン!」しているとマダムはおもむろに歩き出して、民家の敷地へ入り…

こんなポーズで挑発して来た!

「さあ、おいで坊や。お姉さんが遊んであげるわよぉ」と、峰不二子も真っ青な色っぽさで僕を挑発するマダム!
お言葉に甘えて遊んでもらいたかったんだけど…何しろマダムが他所様の敷地に入っちゃったもんだから…「すみません!」と断わってその場を去ったんだけど…しばらく歩いて後ろを振り向いたら…

「意気地なし」

って目でコッチを見ながら、マダムは腕の毛繕いをなさっていた!

ひとまずマダムが元気な事が確認できて良かったわ~!
そして上記のような台詞を妄想する僕、気~~~持ち~~~悪~~~~い!!!!!!!!!

拍手[4回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
川村拓央
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1975/07/04
職業:
俳優
趣味:
猫・ラジオ・酒・散歩・似顔絵・ゲーム・美味い物を食べる
自己紹介:
声の仕事をしています。
よく街をぶらぶらしては、猫を見てニヤニヤしています。

カテゴリー

P R